やり貫く力向上研修


カリキュラム

1. やり貫くために心を強くする6か条
(1)「やります」と言った仕事はやり貫く
(2)満点でなくてもスピード回答を優先する
(3)赤ペン先生を喜んで受け入れる
(4)つまらない仕事はない
(5)「納期・期限と何のために」を基本とする
(6)インプットからアウトプットを習慣にする

2.やり貫くための仕事習慣
(1)仕事の受け方の基本(復唱・メモ・確認)
(2)論理的な報告のポイント
(3)報連相の必要性
(4)仕事は抱え込まずオープンに
(5)ミスをしない仕組みをつくる
(6)タイムリーな仕事の進め方
(7)仕事の質と効率
(8)予習・実行・復習の仕事習慣
(9)PDCAを自分で動かす