ダイレクトリスニング研修

ダイレクトリスニング研修

  1. 傾聴とダイレクトリスニングの違い
    (1) 効果の違い
    (2) 実例で違いを理解する

  2. 傾聴のマスター
    (1) メモのとり方
    (2) 相槌・うなづき・復唱・受容
    (3) 表情・姿勢
    (4) 情報共有の確認
    (5) ゴールの定め方

  3. ダイレクトリスニングに進む判断
    (1) 問題解決の目鼻の立て方
    (2) 相手の反応の強さを読む
    (3) 問題解決への協調度の確認
  4. ダイレクトリスニング手法のマスター
    (1) 傾聴からの切り出しトーク
    (2) 確実な質問確認
    (3) 提案の切り出し
    (4) 結論イメージの提示
    (5) 相手からのYESのもらい方

  5. ダイレクトリスニングのトレーニング
    (1) 基本一般事例でロールプレイング
    (2) 貴社事例でロールプレイング
    (3) 相手の立場で「聞かれてみる」