事故示談交渉担当者のためのCS向上研修

事故示談交渉担当者のためのCS向上研修

  1. 示談交渉は初動が大事
    (1) 初動コールのマナーと気遣い
    (2) 声の出し方、開口・滑舌は毎日練習
    (3) 切り出しトークと相手観察
    (4) 言葉遣いは心づかい
    (5) 相槌のカジュアルさは誤解を生む
    (6) 段取りのよい事務手続きの案内

  2. 治療経過確認から終療打診
    (1) 症状推移の確認方法(レベル表示)
    (2) 交渉を進めるためのコミュニケーションのポイント
    (3) 「日常生活に戻る」協力であることの説明
    (4) 自賠責範疇を踏めた終療の説明
    (5) 心情の問題の受けとめ方
    (6) 現実の問題の解決提案

  3. 症状固定の説明と自賠責申請の説明
    (1) 症状固定の説明は定番+個別対応
    (2) 治療が打ち切られるという認識を払拭する
    (3) 賠償の全体感のある説明方法
  4. 危険な被害者へのアプローチ
    (1) 毅然とした対応のポイント
    (2) 心配りのある言葉遣い
    (3) 心持を変えていただく「きっかけ」をつくる