管理職研修 3日間  カリキュラム

管理職研修 3日間
 
カリキュラム

第一回  テーマ:変化に強い管理職になる

午前:マネジメントの基本
1. アイスブレイキング
2. エクセレント・ビジネスマナー  <ワーク>
  ①他己紹介
  ②コミュニケーションの本質を理解する
  ③信頼を高めるマナー
3. 管理職が知っておきたい最新「仕事の進め方」
  <講義・グループワーク>
   テーマ:管理職が学んでおきたい
            変化に強い人材育成→マネジメント
  ①ビジネスは総合力で戦うことを教える
  ②「何のために」を明確にする習慣を教える
  ③行動品質とは
  ④問題発見と仕組み化
  ⑤最新・人材育成術
  ⑥社会知性を高める指導
  ⑦ミクロとマクロの視点の違い
  ⓼アウトプットを仕事とする
4. ロジカル・シンキングに慣れる体質づくり   <説明・グループワーク>
  ①曖昧さをなくす習慣
  ②問題の見つけ方とロジカルプロセス

午後:チームビルディング  

5. 事例研究 (職場事例)※当方で準備
   事例研究ワークをもとに、マネジメントの肝を明らかにする。(グループワーク・発表)
   ①成果とは何か
   ②行動品質とスピードはどのように評価できるのか
   ③ICT組み込んだ効率のよいチーム活動
   ④課長→主任→般職のルールの作り方
6. チームメンターになるルール
   ①一般的には・普通は・・・・を言わない
   ②専門性の高い職員を把握する・紹介する
   ③職員の未来を小さくしない思考
7. 考動基準の設計と検証
   ①チーム内の行動基準
   ②ルーティーンの質を高める論理的分析
   ③事例解説

第二回  テーマ:ロジカルに結果にこだわる管理職になる

1.チーム戦力化をロジカルに進める 9:00~12:00 ワーク&発表
 (1)問題を漏れなく、ダブりなく抽出する
 (2)「しかたがない」という考え方を捨てる
 (3)救急救命のように組織診断をする
 (4)一つひとつ解決施策を組み込む
 (5)成果をあげる質問、モチベーションを下げる質問の理解
                              発表者への質問ができることも求めます。


2.積極的な取り組み姿勢のモデル提示    13:00~16:00
  (1)課員への「モデル」となる積極性の示し方
  (2)変えること、変わることをどのようにチームに示すのか
  (3)危機感の提唱とは

3.チームの行動基準の策定    16:00~17:00
  (1)行動基準はなぜ必要なのか
  (2)行動基準の策定方法

第三回  テーマ:計画とおりに結果を出せる管理職になる

1.計画をいい加減にしない実現力 9:00~12:00 ワーク&発表
 (1)構造化理論で問題解決を進める
 (2)未体験業務をマークする
 (3)施策ドキュメントの活用
 (4)プロジェクトワークによる「未来を創る仕事」の進め方


2.計画進捗報告会・プロジェクト発表会    13:00~17:00