若手社員研修カリキュラム

3年目研修(2日間)

研修ポイント

  1. 個の成長から組織貢献への意識改革
    3つのカテゴリーからの自己改革を進める (自分・仕事・コミュニケーション)
  2. 「創造する」「構造化する」からはじまる トライ&エラー(変革)への挑戦

カリキュラム

<事前課題+1日目>自分+仕事 (メンバーシップの理解)

①組織の「意識低い系」とは?
②個の成長を整理する(強み・弱み分析)
③組織の一員としての能力の発揮とは
④セルフイメージの想定と強化点の確認
⑤ビジネス力を高めるPDCA(仕事のマネジメント)
⑥定性⇒定量で着実な問題解決を進める   (⑤⑥で構造化思考を理解する)
⑦創造力・創発力を高める

<2日目>ビジネス創造・顧客創造につながる  
      コミュニケーション (アサーティブネスの理解)

①顧客という対人とのコミュニケーション
②顧客価値の理解
③社内対人におけるアサーティブコミュニケーション
④次なるステップを語る
 ◇総括ディスカッション  
  テーマ:この会社で何を「創造」するのか?  
      何にトライ&エラーするのか?

事前課題・事後課題提出

5年目研修(2日間)

研修ポイント

  1. 組織に貢献するプロ意識の醸成
    2つのカテゴリーからの自己改革を進める(リーダーシップ・プロフェッショナルシップ)
  2. 成果を創る・変革への貢献を言葉にする

カリキュラム

<事前課題>仕事の考え方・キャリアの考え方

①組織の「意識低い系」とは?
②仕事の質「高い・低い」「良質」とはどのようなことなのか?
③自分の現有能力を「自己資産」として測定する
④自分の仕事とは何か?my定義をつくる
⑤自分仕事を「創る」とはどのようなことか(価値創出の理解)
⑥仕事とキャリアの連動を考える

<1日目>プロフェショナルシップの理解と実践

①専門的な力を発揮する(現状分析)
②プロフェッショナルであることの定義を考える
③仕事のプロに必要なセルフリーダーシップ
④創造・変革の観点から現状の仕事を分析する
⑤自律的に④をどうしたいのかを考える
⑥社会的起業マインドとは

<2日目>リーダーシップの理解と実践

①指導・育成をするための「意識と感情」の扱い方
②協働による「チーム」の考え方
③リーダーシップとフォロワーシップ
④組織の変革への貢献(事例作成)
⑤プロフェッショナルなリーダーシップをまとめる⇒発表
 ◇総括ディスカッション
テーマ:成果を創る・変革(他社よりも早いトライ&エラー)の提言

事前課題・事後課題提出