子育てママの「もう一度働く」へのサポート活動を考える会

子育てママの「もう一度働く」へのサポート活動を考える会

カテゴリー : 研修

6月9日(金)開催
子育てママの「もう一度働く」へのサポート活動を考える会
セミナー&意見交換のご案内

●開催にあたって

 ゆっくりとした活動ではありますが、マミーズペーパー(webマガジン)を創刊してからこの1年、子育てママの「働く」現実をリサーチしてまいりました。その結果わかったことは「いつから働こう?」という迷いにアドバイスしてくれる現実的な情報が無い、ということでした。
 子育てママの就労には「現職復帰」と「もう一度職場を探す」という2種類があります。 現職復帰の場合には、出産前から計画的に保育園+親からの支援を準備しているママがほとんどです。
 それに対して、新しい職場をもう一度探す、「もう一度働く」を成功しているママたちは、「子育てしながら働きやすい職場」に再就職することを出産前から決意して、準備をしています。ですが、ママ人口から考えると、少ないのが現実です。
 それ以外のママたちは?「いつから働こうか?働く必要があるのだろうか?」となんとなく就労を意識している程度です。また、「保育料が収入を上回る」ことに不安なまま時間が過ぎているというママさんも多くいます。
 一方で「働き方変革」が進む中で、子育てママの労働力創出は企業にとっても重要な課題になっています。マミーズペーパーは子育てママと企業がどのような「かかわり方」を持つことが、社会がママたちをサポートする体制になりえるのかを模索し、実現していくwebメディアとして社会的な貢献を果たしていきたいと考えるに至りました。
 ある子育て女性が数多く勤務なさっている企業様の研修の場で、「ママがもう一度働くことを決めるためには、もっと具体的に背中をおしてあげる方法が必要だよね」という意見が出ました。同時にそれは「当社が社会にとって必要な会社であるためにも、すべきことだよね。」という意見です。働いてきたママたちの言葉に私自身の背中をおされた思いでした。
 今回はマザーズハローワーク渋谷室長でいらっしゃる相原様に「働きだす第一歩」の実情をお話しいただき、雇用する側の企業様との意見交換を通して、サポート策のアイデアやご協力希望企業様との活動案をお出しいただく機会としたいと存じます。ぜひとも、ご参加いただきたく、ご案内申し上げます。
  尚、当活動は企業様からの寄付等を期待する活動ではございません。

 2017年4月
 マミーズペーパー編集長  石川かおる
◆セミナー内容
1.(講演 マザーズハローワーク渋谷室長 相原様)
  『マザーズハローワークが実測する再就職できるママ、再就職に至らないママの違いとは』(仮)
 ①.マザーズハローワークに通う方の年齢層や就職希望条件
 ②.実際に仕事が決まったママ・決まらなかったママさんの就職活動期間の行動例
 ③.【事例紹介】預け先が決まっているか・旦那さんや周囲の理解があるかがママさんの就職を左右する!?
  ・ブランクありママさん(末子0~1歳)の働くことへの意識と能力値
  ・ブランクなしママさん(末子10歳~)働くことへの意識と能力値   働き方改革事例
  ・イクメンプロジェクト、イクボスプロジェクトのご紹介
  ・リカレントのご紹介(大学の再就職支援活動)
  ・「扶養控除内」がママさんの就職のビックキーワードにはならない!?
2.子育てママの社会復帰に関する意見交換会(約1.5時間)
  ①子育てママの短時間労働採用で人事施策に成功している企業様の声
  ②具体的な支援策のアイデアを考える

◆セミナー開催日 ・6月9日(金) 13:30~17:00
・明治大学紫紺館 3F  〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-22-14
※参加費等はご不要です。

お申込み、お問合せは 03-6411-2174


コメントをお願いします