CSスペシャリスト検定とは?

CSスペシャリスト検定は、ビジネスに生きるすべての人々を対象とした検定試験です。今を勝ち抜く企業が求める人材は、過去の経験だけではなく、論理的に、現実的に企業のCS実現力を推進し、利益に直結させる施策を立案、実行できる社員です。  CSスぺシャリスト検定では、この企業の期待に応えることができる「CSスペシャリスト」の輩出を目的としています。  現在は、企業にお勤めの方はもちろんのこと、学生の方の受検も増加傾向にあります。就職前に社会を知る、ビジネスを知る、顧客心理を知ることは、今後の就活に勝ち残る秘訣になるでしょう。

 

どんな人が受検しているのか?

CSスペシャリスト検定は、業界、業種を問わず、幅広い層の方が受検しています。年齢も現場での経験も様々です。共通しているのは「現場の顧客対応力には多少の自信はあるが、正しいと確信できる裏付けがない」ということです。また、2009年頃から、システム担当の社員の方の受験が増えています。顧客の心理や感性を理解し、業務に役立つという反応をいただいています。男女の比率は女性がやや多いですが、男性の受検者数は急増しています。