ダイレクトリスニング研修

決められない・選べない顧客への最短アプローチ手法!
     ダイレクトリスニング研修
  ※ダイレクトリスニングはCSスペシャリスト検定®が普及推進しているアプローチ手法です
共催 一般社団法人CSスペシャリスト検定協会

6月21日(木)13:00~17:00
場所 明治大学 紫紺館 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-22-14
受講料:12,960円(税込み)

ダイレクトリスニングとは?

 行動観察(モニタリング)による、選ばない、決められないお客様へのダイレクトな最短アプローチ手法です。ニーズはあるものの、自覚が薄く、結論を出せないお客様にアプローチして成功することは、想定成果に上乗せする数字になります。つまり、売上予測を上回る実績をあげるというのは、このタイプのお客様から「YES」をいただくことです。  お客様の情報量が質・量ともに豊かになっています。カタログやホームページ、カスタマーレビューなどの情報が多くあればあるほど、決められないお客様も増えていきます。ダイレクトリスニングは、行動観察から瞬時に抽出した顧客特性に基づいて、最短でアプローチを進めるお客様ストレスの少ないセールス手法でもあります。本講座では、この手法の論理的な理解と実践トレーニングを行います。

<カリキュラム>3時間~4時間
1. ダイレクトリスニングはなぜ有効なアプローチ手法なのか?
(1)「選ばない・決められない」お客様へのアプローチ手法である
(2)ヒヤリングとリスニングの違い
(3)ダイレクトとは何か?
(4)ダイレクトリスニングと満足度を高めるステップの関係
2.ダイレクトリスニングに必要な基本的なスキルの確認
(1)行動観察の基本的なポイント
(2)受容表現の徹底
(3)本質(顧客要望のゴール)を見極めるトーク
(4)切り出しトーク
(5)自分たちの役割に認識
3.ダイレクトリスニングの体得 (トレーニング)
(1)珪藻土マット対面販売でのトレーニング
(2)電話でのご相談への切り出しのトレーニング
 貴社事例によるトレーニング
※貴社が想定する場面事例を事前にご提供ください。
  4.現場教育での展開方法 (指導者研修のみ実施) 
(1)教育資材の作り方
(2)行動観察の指導方法

担当講師(石川かおる)からのコメント
「何かお探しですか?」「よろしかったらサンプルを」と声をかけても、悩むお客様は「だんまり、にっこり」です。それでも「もやもや」した気持ちはあります。そこにどのようにアプローチをするのかを論理的な選択と言葉に置き換えるトレーニングを行います。お客様がスッキリと貴社を選ぶ方法をお教えいたします。