今日の仕事サプリ: 2017年1月22日

クッション言葉を活用する

カテゴリー : 今日の仕事サプリ

相手に何かをお願いするときに使うのがクッション言葉です。手間をかけるときには「お手数ですが」を使い、相手に協力を求めるときには「恐れ入りますが」、謝罪を含めた依頼のときには「申し訳ございませんが」を使うと、意図が伝わりやすくなります。

超えの表情だけで依頼やお願いをすると、ついつい声の表情が「甘え」に聞こえることがあるので、注意が必要です。

文書ではクッション言葉を使えても、会話だと唐突に「依頼」を切り出す人が多いようです。空気の流れを読んでタイミングよく切り出しているのだと思います。ですが、その空気の読み方を誤っていると相手には不躾で唐突な依頼にしか聞こえません。