今日の仕事サプリ: 2018年2月15日

電話マナーにも理由がある

カテゴリー : 今日の仕事サプリ

「お電話ありがとうございます。〇〇会社、○○部、〇〇でございます」は普通に使いたい第一声+名乗りです。ですが、最近は、「〇〇が承ります」ひどいときには「〇〇が伺います」と名乗る会社があります。

 「電話マナーにも理由がある」というのは、「〇〇でございます」という名乗りは、そのあとに、「私は、〇〇です。いつもお世話になっております」という相手の名乗りと関係性を言ってもらうための切り出しトークのようなものです。その名乗りを聞いて、相手は「よかった。まちがわなくて」と無意識に安心します。

 その段取りを飛ばして、いきなり「用件を受けます」と先行すると、相手としては、名乗りもしづらいし、用件を早く言え、というように聞こえます。電話のマナーにも理由があります。自分流では相手がわかりづらい、動きづらいこともあると理解しておきましょう。注文専門コールの場合には?という質問には個別にお応えします♪