女性活躍・CSに関するコンサルティング

目に見えづらい実績を「見える化」するコンサルティング

女性管理職が〇%に達すれば、本当の意味の女性活躍が実現できる、と思っている人はいないでしょう。

K&Iのコンサルティングは、「~を変えれば、働き方が変わり、成果の創り方が変わる」という仮説からはじまります。

弊社代表石川が創業するきっかけとなった「法務局の50%民営化」は、「司法書士頼みだった申請を法務局職員による相談という国民サービスの積極的な、充実により、国民に利益をもたらし、国民にとって必要な組織として生き残る」というものでした。そのために初めて法務局内に登記コールセンターを設計し、国民サービスの創り方を示しました。さらに、「役に立つ相談業務の進め方」を指導してきました。
石川が目指したものは、「目に見えづらい法務局の職員サービス」を「相談したおかげで、自分で申請できたので手続き費用が安くなった」という国民の声の大合唱です。この貴重な経験は、石川の言葉から、全社員が理解する「事実・成果」となり、弊社のコンサルティング指針になりました。また、石川は「サービス戦略デザイン」という手法により、多くの企業・団体のコンサルティングとして参画しております。