仕事サプリブログSupplement Blog

優先順位をつけても結局はすべてやる

  ToDoに優先順位をつけるとなんとなく安心しますよね。  「優先順位をつけても結局はすべてやる」というのは、優先順位は手順に過ぎない、もしくは問題発生リスクを回避しただけに過ぎないということです。結局はすべてをやり切 […]

曖昧さと不安はコントロールできない

 曖昧さや不安を抱えていると冷静な判断に水を差しているものです。  「曖昧さと不安はコントロールできない」というのは、この不安定な要素を抱えていると行動判断に確度、強さが失われていきます。それでも「自分は大丈夫だ」と思っ […]

心地よい理由付けは現実を見えなくする

  良い結果を出した時には、自分の頑張りを褒めたくなりますね。  「心地よい理由付けは現実を見えなくする」というのは、良いことがあれば自分のがんばり、悪いことが起きれば社会の影響、と自分の心地よい理由付けをしていると現実 […]

勝ち抜きたいならば、自分で手法を陳腐化するしかない

 勝ち抜けるビジネス、人材力というのはそうそうあるものではありません。  「勝ち抜きたいならば、自分で手法を陳腐化するしかない」というのは、自分で構築した手法や方法を自分の手で変えなくては、勝ち抜くことはできない、という […]

多角的な視点で気づきを見いだす

 横から見たら長方形、上から見たら円形・・・もっと見方はあるはずです。  「多角的な視点で気づきを見いだす」というのは、いつも自分が見ている視点とは異なる視点確度で物事を見てみましょう、という意味です。簡単そうにみえても […]

こんなにもチャレンジしている人がいる!あなたはどうする?

  「すごいね!」と挑む人たちをうれしい気持ちでレレバンス(自分ゴト化)できていますか?  「こんなにもチャレンジしている人がいる!あなたはどうする?」というのは、他人事にして、ただのニュースで終わらせないようにしたいよ […]

「どうしよう?」という仲間の気持ちに解を提示する

 初めての経験、選択を迫られている時には、「わからない」という気持ちに悩まされます。  「どうしよう?という仲間の気持ちに解を提示する」というのは、どんな人でも「はじめて」「高リスク」の時には悩むものです。その悩みをわか […]

急変激動期はナローパスを確実にする

 ナローパスというのは狭い選択肢、限定された方法(路)、という意味です。  「急変激動期はナローパスを確実にする」というのは、コロナワクチンが一般使用されるまでは、問題解決の選択肢は限られている、という意味です。選択肢が […]

もう一歩で到達!健全な気力で勝負する

 日常の小さなことでも「これはこう仕上げたい」「ここまではやりぬきたい」と思うことがあります。  「もう一歩で到達!健全な気力で勝負する」というのは、自分の決めたゴールに完全到達するためには、健気で健全な気力が必要だとい […]

プロフェショナルシップの醸成を支援する企業は信頼できる

 プロフェッショナルシップは生き方の柱になります。  「プロフェショナルシップの醸成を支援する企業は信頼できる」というのは、「人材力が経営資源、財である」という真の理解ができている会社だという意味です。プロフェショナルシ […]

改善と欠陥を修復することの違いを理解する

何かにつけて「業務改善」と言いまくる人が周囲にいませんか?  「改善と欠陥を修復することの違いを理解する」というのは、改善は想定平均の能力ではあるが、さらに能力を高めることができる、という考え方であり、欠陥の修復は想定平 […]

自分の失敗を深く知ると笑顔になる

 あなたは失敗したことはすぐに忘れるタイプですか?  「自分の失敗を深く知ると笑顔になる」というのは、自分の失敗の道筋を追っていると、自分の思考の癖、態度の癖が見えてきます。「これはよくない」と気づくと、安心できます。何 […]