仕事サプリブログSupplement Blog

「どうしたらできるだろうか?を音にしてみる習慣

 悩んでも後ろには下がらない、この場所にもとどまらないと決めた時にすることは? 「どうしたらできるだろうか?を音にしてみる習慣」というのは、「どうしよう」と悩む習慣を変えましょう、ということです。「どうしたらできるだろう […]

精査する力が成果を決める

  目の前で起きていることの原因分析や方向性の確認は「勘」では上手く行きませんね。 「精査する力が成果を決める」というのは、成果をどのように変えるのか、変えることができるのか、は精査をする力量次第だ、ということです。目の […]

必要なのは記録ではなく、発言への遂行責任

  議事録という言葉をまだ使っていますか?その意味は生きていますか? 「必要なのは記録ではなく、発言への遂行責任」というのは、会議の後に「自分は何をするのか」を明確にできない議事録は意味がない、という意味です。何を話した […]

仮説を検証しながら確度の高い企画をつくる

 アイデアまかせの企画は反論が多く飛び出します。 「仮説を検証しながら確度の高い企画をつくる」というのは、より実現可能性の高い方法をみつけだすための方法です。予想と仮説検証では企画を支える「現実」が違います。仮説検証する […]

今を基準にしないセルフビジョンをもつ

 想いが方向性を明確にすると人生は動き出します。 「今を基準にしないセルフビジョンをもつ」というのは、想いが明確になると「もがく」ことがはじまり、自然と能力は高まります。今を基準にしたセルフビジョンでは物足りなくなるので […]

キャリアビジョンからセルフビジョンへ

キャリアビジョンとはこのご時世にどのような意味があるのでしょうか? 「キャリアビジョンからセルフビジョンへ」というには、役職定年が近づけば「キャリアビジョン」は無意味な言葉に聞こえる、という意味です。セルフビジョンは企業 […]

仕事人生のほとんどはフォロワーである

  このご時世のリーダーシップとはどのような時に必要なのでしょうか? 「仕事人生のほとんどはフォロワーである」というのは、仕事の中では周囲に働きかけるリーダーシップは限定的だ、ということです。組織人であるということは、「 […]

相手の真意を実直に想像してみる

 余計な思い込みや先入観があると相手を実直に受けとめることは難しいものです。 「相手の真意を実直に想像してみる」というのは、余計な詮索をせずに、「何のためにその言葉はあるのだろう」と相手の真意を想像してみましょう、という […]

一歩先を読んだデータ抽出力

あるデータの数字を見た時に、その数字の活かし方が頭に浮かびますか? 「一歩先を読んだデータ抽出力」というのは、その数字をどのように活かすのか、そのためにはどのようなデータが必要なのか、という一歩先を読む力と言うことです。 […]

筋は曲げずに通す

  筋を通す、という言い方は古めいて聞こえるでしょうか? 「筋は曲げずに通す」というのは、周囲の理解、仕事相手の理解を得るためには、「相手が腑に落とせるような段取り」を提供する必要があるということです。筋=相手の腑に落と […]

自分の視点、視野の変化を確認する

 視点や視野は常に広がりとステージアップすることが当然だと言われています。 「自分の視点、視野の変化を確認する」というのは、「自分の視る」スキルが進化しているか、社会の変化に追いつくことができているのか、ということを確認 […]

自分の仕事として合格点なのか、と問いかける

プロ意識とはどのような場面で際立つものなのでしょうか? 「自分の仕事として合格点なのか、と問いかける」というのは、一つの仕事を人生の中で評価してみよう、ということです。そこには「プロ意識」という評価基準があり、「自分らし […]