仕事サプリブログSupplement Blog

力まない一発が勝敗を決める

 力を込めすぎると空振りも多く、体力の消耗でストレスになります。 「力まない一発が勝敗を決める」というのは、力んでいると1点しか見えないが、力をすっと抜くと全体が見える冷静な瞬間がある、という意味です。その瞬間、流れに逆 […]

正しいプロセスの選択であれば期待する実りを得る

手探りで仕事を進めていると「これくらいでいいや」と100%の力にを出し切れないプロセスもあります。 「正しいプロセスの選択であれば期待する実りを得る」というのは、正しい判断をしていれば、遠回りをしてでも成功できる、という […]

集中を妨げる問題が発生したら優先性のギアを変える

   このまま一気にゴールに向こうぞ!と思っていても、思わぬことで動きを止めざるをえなかったり、時間を費やしたりすることが発生するものです。 「集中を妨げる問題が発生したら優先性のギアを変える」というのは、優先度を決める […]

安易な既読スルーは信頼を損なう

 この人のメールへの返答は後回しにしても大丈夫、時間がかかっても問題なし、と判断している理由は正解でしょうか? 「安易な既読スルーは信頼を損なう」というのは、相手の立場になって返答することが、「詰まらない、とまらない」仕 […]

1つの利益も成功も仕組化できてこそ実績になる

  一喜一憂型の仕事をしていることはもったいないと思うことはありませんか? 「1つの利益も成功も仕組化できてこそ実績になる」というのは、1回の利益をモデルにして仕組化することが、ビジネスの醍醐味である、という意味です。モ […]

俯瞰して見方を変える切り替えるスイッチを身につける

 思わず「なるほど」と言いたくなるような「その見方もあるよね」という場面に遭遇したことはありませんか? 「俯瞰して見方を変える切り替えるスイッチを身につける」というのは、追い詰められた時ほど、広い視野で俯瞰できる「切り替 […]

互いの能力を人間観察センサーで把握する

 仕事にかかわるメンバーは「適材適所」を無意識に要望しています。それに応えることは「できるかぎり」でしょう。 「互いの能力を人間観察センサーで把握する」というのは、「この領域は彼の得意分野だ」と過去の実績から把握すること […]

専門性能力は仕組みの裏側を見抜く能力を磨きながら育む

 教科書通りに「こういうことなんだ」とモノゴトを理解しているだけでは、文字学習で終わるようなものです。 「専門性能力は仕組みの裏側を見抜く能力を磨きながら育む」というのは、この仕組みの本質はどこにあるのか、何が強さになっ […]

同じ仕事の進め方をしない習慣をもつ

思考習慣を自分で分析してみると面白いことがわかってきます。大事なことは「習慣」を意識することです。 「同じ仕事の進め方をしない習慣をもつ」というのは、「もっとこうできたら」と技術や知識を高める努力をせずにいることはもった […]

未来の正解と今の正解は異なるのが当然である

  あたりまえの正解なんてない、そうは思いませんか? 「未来の正解と今の正解は異なるのが当然である」というのは、今の正解を肯定しながらも常に「それでも数年後には」という思考が働くことがよい、という意味です。常に今を土台に […]

余力がないときには主役から脇役になってみる

 なんでも自分でやらないと終わらない、というのは思い込みかもしれません。 「余力がないときには主役から脇役になってみる」というのは、余力がないときに目いっぱいの仕事に手を付けてしまうとミスが発生する、という意味です。余力 […]

1週間後に手を付ける仕事の90%は今日で決まる

  準備というのは、いつ、何をすることなのか?ToDoでは物足りなくありませんか? 「1週間後に手を付ける仕事の90%は今日で決まる」というのは、頭に余裕ができるスペースや時間が少しでもとれたときに、全体から細部の最終イ […]